クリーンディーゼルとハイブリッド比較!結局どっちがお得なの?

クリーンディーゼル車とハイブリッド車の比較!結局どっちがお得なの?

クリーンディーゼル車、ハイブリッド車を比較した場合、
燃費やランニングコストはどれが一番良いのか?
について徹底的に調べた比較検討サイトです。

 

特にクリーンディーゼル車とハイブリッド車では、
総合的に見てどちらがお得なのか?気になるところですよね?
順序立てて紹介いたします。

 

【目次】

  1. クリーンディーゼル車とハイブリッド車の燃費は?
  2. ガソリン・ランニングコストはどうなの?
  3. ハイブリッド車とクリーンディーゼルの車体価格について
  4. ハイブリッド車とクリーンディーゼルの補助金制度について
  5. 総合的にみるとどれがお得なの?

クリーンディーゼル車とハイブリッド車の燃費は?

まずは、双方の燃費(1Lでどれくらい走るか?)について
見ていきましょう。

 

わかりやすいようにマツダ車のアクセラがクリーンディーゼルと
ハイブリッドがありますので、比較してみます。

 

アクセラ

 

アクセラハイブリッド車
リッターおよそ21.0km走ります。

 

アクセラクリーンディーゼル車は、
リッターおよそ15.0km走ります。

 

ですので、実燃費でいうとハイブリッド車の方が良いということになります。
プリウスやアクアなどで比べてもハイブリッドの方が燃費は良いですね。

 

参考までに

  • トヨタ・プリウスの実燃費は21.1km/L程度
  • トヨタ・アクアの実燃費は26.0km/L程度
  • マツダ・デミオ(クリーンディーゼル)の実燃費は20.0km/L程度

となります。

 

ですので、他のハイブリッドと比べても実燃費は
やはりハイブリッドに分があります。

 

 

 

ガソリン・ランニングコストはどうなの?

続いて、ランニングコストを計算してみましょう。
ハイブリッドは燃費が良いですが、レギュラーガソリンを使います。
一方クリーンディーゼル車は軽油を使います。

 

この時にランニングコストはどれくらい違ってくるのかというと、
仮に1Lの価格がガソリン130円 軽油価格が110円とした場合
※ガソリンと軽油ではリッターあたり20円程度の差があります)

 

アクセラの場合ですと

 

1か月500km走行したと仮定して
1か月のガソリン代の差は

 

ハイブリッドアクセラの方が571円安くなります。
年間でいうと6857円安くなり、
10年間でいうと、68570円安くなる計算となります。
10年間=6万km

 

なお、1か月に600km走行したとしたら
1か月に686円 年間8229円 10年間82290円違ってきます。
10年間=72000km

 

1か月1000km走行したとしたら
1か月1143円 年間13714円 10年間137140円違ってきます。
10年間=12万km

 

あまり走らないという場合、
たとえば1か月300kmだと
1か月343円 年間4114円 10年間41140円という差がつきます。
10年間=36000km

 

なお、トヨタ・アクアとマツダ・デミオDEと比較した場合は、
1か月500kmだと
1か月250円 年間3000円 10年間30000円
10年間=6万km

 

1か月600kmだと
1か月300円 年間3600円 10年間36000円
10年間=72000km

 

1か月1000kmだと
1か月500円 年間6000円 10年間60000円
10年間=12万km

 

1か月300kmだと
1か月150円 年間1800円 10年間18000円
10年間=36000km

 

このような差がでてきます。

 

ですので、走れば走るほどその差額は広がっていく計算になります。

 

ランニングコストだけを考えるとハイブリッド車の方に軍配があがります。

 

ですが、これはあくまでもランニングコストだけを考えた場合の話です。

 

総合的に見るとどちらが安くなるのか???
ということになれば、話は違ってきます。

ハイブリッド車とクリーンディーゼルの車体価格について

まず車体価格の差を見ていきましょう。

 

ガソリン車と比べて、いずれも高くなりますが、
ハイブリッド車はおよそ30〜40万円程度
クリーンディーゼル車も同じく30〜40万円程度

 

ですので、いずれも同じような値段がかかることになります。

 

ただし、プラグインハイブリッド(プリウスなど)の場合は、
通常のプリウスと比べて70万程度高くなります。
通常のガソリン車と比べると実に100万円程度高い感じに
なりますね。

ハイブリッド車とクリーンディーゼルの補助金制度について

ハイブリッド車とクリーンディーゼルの補助金制度についてですが、
ハイブリッド車は国から支給される補助金が打ち切りになりました。
ただし、プラグインハイブリッド車には補助金がでます。

 

ここでは簡単に説明しますが、
ハイブリッド車=補助金なし
Pハイブリッド車=プリウスの場合20〜33万円程度
クリーンディーゼル車=デミオの場合1〜5万円程度 アクセラ7万円程度 アテンザ15万円程度

 

他車の補助金比較に良いPDFを見つけましたので紹介しておきます。

 

銘柄ごとの補助金について

 

というように補助金が変わってきます。

総合的にみるとどれがお得なの?

燃費・ランニングコストではハイブリッドに分がありましたが、
通常のハイブリッドでは補助金が打ち切られていますので、
補助金のことを考えると話が変わってくるだけでなく、
実は、ハイブリッド車はハイブリッドのバッテリー(電池)の交換があります。
購入より平均5年間は保障がついているのですが、
それ以降は補償対象外となり、10年乗ると仮定した場合、
平均7年目あたりで交換時期が来るようで、
料金はわかりにくいのですが、おおまかに7万円程度と見ていて良い
かと思います。

 

ですので、こういったものを加味していくと、
かなりおおざっぱな計算にはなりますが、

 

アクセラで計算すると
10年間で12万km走行(1か月1000km)したとして

 

ランニングコスト代137140円ですが、ハイブリッドバッテリー交換と
補助金を加味すると、
7年目当たりのバッテリー交換がおおまか7万円これを引き、67140円
クリーンディーゼルの補助金分を計算に入れると、
アクセラは7万円ですので、
乗りつぶした場合クリーンディーゼル車の方が安くなります。

 

なお、平均的な1か月に600km走られる方にとっては、
アクセラでたとえると、結果はクリーンディーゼル車の方が
5〜6万円程度安くなる見通しになります。

 

トヨタ・アクアとクリーンディーゼルデミオで比較すると
1か月600kmを10年間走行したとして
ランニングコストの差は36000円アクアが安くなりますが、
上記の理由から結果的にデミオの方が
5万円程度安くなるかと思います。(デミオXDツーリングの補助金2万円を対象として)

 

 

HVアクセラVSクリーンDEアクセラの場合だと
月に1500km程度走るのでしたら、HVアクセラにした方が
良いですが、月に1000km未満だとクリーンディーゼルが良くなり、

 

アクアとデミオを比較すると、
デミオの方がかなりお得になるかと思います。

 

次に、PHVプリウスとクリーンDEアクセラと比較した場合は、
PHVプリウスの補助金を30万あてたとして、単純に計算すると
通常のプリウスとの差は70万円ですので、
差引額40万高くなる時点でどちらがお得か?については
総合的に見てクリーンディーゼル車がお得な計算になります。

車の売却をお考えの方

お知らせ

車の購入を検討されている方は、
副収入としてネットでお金稼ぎをされてみませんか??
今が旬の熱い情報を公開中!!!
↓ ↓ ↓
rakuzou