ハイブリッドとプラグインハイブリッドの違いは?

ハイブリッドとプラグインハイブリッドの違いは?

最近では珍しくなくなったハイブリッドカーですが、
正確にはハイブリッドとプラグインハイブリッドの2つに分けることができます。
同じハイブリッドカーではありますが違いもありますので
その違いをしっかりと把握しておくことも大切です。

 

そもそもハイブリッドとは?

 

まず、ハイブリッドカーとはいったいどういう車なのか、
この点から整理しておきましょう。
一般的に車はガソリンをはじめとした燃料を利用して走りますが、
ハイブリッドカーはガソリンだけでなく電気の力も利用して走ることが可能です。

 

ガソリンと電気、2つの動力源を利用することからハイブリッドと呼ばれているわけです。

 

電気の力を利用して走っている間はガソリンを使う必要がありませんので
ガソリン代を節約することが可能ですし、
環境にも優しいためエコカーに分類されています。

 

そしてこの電気どうやって充電するか、
これがハイブリッドカーとプラグインハイブリッドカーの大きな違いになります。

 

充電方法の違い

 

従来のハイブリッドカーは走行中に回生ブレーキを利用して電気を充電しています。
そのため充電するためにはどうしても車を走らせる必要があったのですが、
この点を改善したのがプラグインハイブリッドカーだと言えます。

 

プラグインハイブリッドカーは回生ブレーキだけでなくプラグを挿すことで外部からも充電が可能で、
たとえば夜間に電気を充電することができます。

 

一般的な家電の充電器と同じシステムだと
考えればわかりやすいでしょうか。

 

この特徴を最大限に活かすためバッテリーの容量が多いことも特徴で、
プラグインハイブリッドカーはハイブリッドカーの約4倍もの容量となっています。

 

しっかり充電しておけば20キロほどの距離を電気だけで走ることができ、
3キロほどしか走れないハイブリッドカーとはかなりの差があります。

 

よりガソリンの使用量を減らすことができるわけです。
しかも外部から充電が可能ですから
手間もかからず簡単に充電が可能です。

 

人によって違いはありますが短い距離しか走らないという方なら
毎日電気だけで走ることも十分に可能で、
ガソリンをまったく使わない可能性も出てきます。

 

最近では落ち着いてきたとは言えガソリン価格は
上昇傾向にありますから経済的にも有利です。
つまりプラグインハイブリッドカーはハイブリッドカーをより進化せたものだと言え、
ハイブリッドカーと比較して劣る点は基本的にありません。
そのため今後はプラグインハイブリッドカーが主流になっていくでしょう。

車の売却をお考えの方

お知らせ

車の購入を検討されている方は、
副収入としてネットでお金稼ぎをされてみませんか??
今が旬の熱い情報を公開中!!!
↓ ↓ ↓
rakuzou