クリーンディーゼルの長所と短所について

クリーンディーゼルの長所と短所について

日本ではこれまであまり浸透していませんでしたが
近年になってクリーンディーゼルカーが重要を伸ばしています。
日本で暮らす私達にとってはあまり馴染みのなかった
ディーゼルカーですがその長所と短所について紹介します。

 

クリーンディーゼルの長所

 

クリーンディーゼルの長所はいくつか上げられますが
最大の長所は燃料代が安いことでしょうか。
クリーンディーゼルはガソリンではなく軽油を燃料としています。

 

現在はガソリン価格が上昇傾向にあることもあって
ガソリンと軽油の価格差はかなり開いていますのでこれが燃料代に直結します。
同じ燃費性能だとしても燃料代の面でコストを
下げることができるためよりリーズナブルな車だと言えるでしょう。

 

また、二酸化炭素の排出量が少ないなど、
環境面でも優しいのがクリーンディーゼルです。
そのためエコカー減税の対象車となっていますから
購入時の自動車取得税や自動車重量税についても優遇されています。

 

燃料代と合わせて車の所有にかかる税金も安く抑えることができるわけです。
同じエコカー減税の対象となっているハイブリッドよりも軽減率が大きく、
1回目、2回目の車検では自動車重量税が免除されます。
これもクリーンディーゼルの長所の1つになるでしょう。
走行性能も高いため毎日長距離を走る、
悪路を走ることが多いという方に最適です。

 

クリーンディーゼルの短所

 

では逆に短所はなんでしょうか。
ディーゼルというと走行音がうるさい、振動が大きい、
排気ガスが大量に排出されるといったイメージの方が多いのではないでしょうか。

 

これは過去に日本のメディアがこうした
短所を大きく取り上げたことが原因となっています。

 

しかし、こうしたディーゼルの短所はクリーンディーゼルになるにあたって
ほぼ解消されています。
今では走行音がうるさいといったこともなく、
エコカー減税の対象車になっていることからもわかるように
環境面での性能も向上しているからです。

 

つまりほとんどの短所を解消していると言えるのですが、
そのための代償として本体価格が高いという短所が出てしまいました。
一般的なガソリン車やハイブリッドカーと比較しても
クリーンディーゼルカーは高くなりがちなのです。

 

これが現在唯一の短所となるでしょうか。
ただ、長所で紹介したように減税があり、燃料代も安く燃費も良いことから
本体価格の高さは乗り続けることで相殺できる可能性が十分にあります。
初期費用は高くなりますがトータル的にはそれほどの問題にはならないはずです。

車の売却をお考えの方

お知らせ

車の購入を検討されている方は、
副収入としてネットでお金稼ぎをされてみませんか??
今が旬の熱い情報を公開中!!!
↓ ↓ ↓
rakuzou