ハイブリッドの長所と短所について

ハイブリッドの長所と短所について

環境にやさしいためエコカー減税の対象になる、燃費が良い、
電気で走るためガソリン代を節約できる、
こうした理由からハイブリッドカーを選ぶ人は増えています。
エコでリーズナブルというイメージが強いと思いますが、
ハイブリッドカーの具体的な長所と短所はどのような部分になるのでしょう。

 

ハイブリッドの長所

 

上記でも触れたようにハイブリッドの最大の長所はとにかく環境に優しいという点です。
電気で走ることで排気ガスの排出量を減らすことができますし、
エコカー減税の対象になりますから
税金の支払額も最小限に抑えることができます。

 

税金の軽減率は燃費基準によって変わるものの自動車取得税、
自動車重量税をそれぞれ安くできるというのは大きな魅力です。
また、走行音が非常に小さいことも長所の1つです。

 

一般的なガソリン車の場合、走行中はどうしても音が大きくなってしまいます。
交通量の多い道路などはこの走行音が騒音として
かなりのレベルになってしまうこともあるのですが、
ハイブリッドカーは走行音がほとんどありません。

 

運転していても走行音を感じることはなく非常に快適です。
日本ではハイブリッドカーが主流になりつつあるため車種の数も多く、
幅広い選択肢の中から自分の好きな車種を選ぶことができるのも長所だと言えるでしょうか。

 

ハイブリッドの短所

 

次に短所ですが、ハイブリッドは電気を動力源にしているため
モーターだけでなくバッテリーや発電機といった部品が必要になります。

 

部品が増えるということは価格が高くなるということで、
一般的なガソリン車と比較しても数十万円ほど本体価格が高くなってしまいます。

 

燃費がよく減税の対象になるとは言え、
本体価格が高くなってしまうのはやはり短所でしょう。
さらにバッテリーには寿命がありますため
長期間乗っていれば必ずバッテリーの交換をしなければなりません。

 

これも一般の車では不要なコストですのでこの点も短所として挙げられます。
バッテリーの寿命は走行距離にしておよそ10万キロが目安となっていますので
毎日走る距離が長い人ほどバッテリー交換のサイクルが短くなるわけです。

 

この他にも、長所である走行音が静かという点が短所になるケースもあります。
静か過ぎる走行音のため車が接近していることに気付かないことがあるのです。

 

これが事故に繋がるリスクもあり、
最近ではあえて走行音を出すハイブリッドカーも登場しています。
これではせっかくの長所が活かされておらず意味がありません。
こうした短所もありますので長所と短所を踏まえたうえで
ハイブリッドカーとはどんな車なのかを考えることが大切です。

車の売却をお考えの方

お知らせ

車の購入を検討されている方は、
副収入としてネットでお金稼ぎをされてみませんか??
今が旬の熱い情報を公開中!!!
↓ ↓ ↓
rakuzou