クリーンディーゼルのオイル交換時期について

クリーンディーゼルのオイル交換時期について

クリーンディーゼルは一般のガソリン車とさまざまな
違いがありますが、オイルの交換時期も違いの1つです。
特にクリーンディーゼルはオイルの交換が非常に重要に
なってきますので交換時期を間違えないように気を付けましょう。

 

5,000キロ走行ごとに交換?

 

クリーンディーゼルカーを購入した場合、
ディーラーは5,000キロごとにオイル交換をするように勧めてくることが一般的です。
ガソリン車と比較すると交換頻度が多くなることがわかります。

 

また、走行距離に関わらず1年ごとに交換した方がいい
というディーラーもおり、走行距離だけでなく時間の経過による
オイルの劣化にも注意しなければならないと考えられます。

 

しかもこの5,000キロというのは必要最小限の交換頻度と言え、
理想的な交換時期は3,000キロほど走った時だと言われています。
愛車に長く乗り続けたいと考えるならオイル交換の時期は
3,000キロ走った時、もしくは交換してから1年が経過した時と考えるのがいいでしょう。

 

毎日の走行距離によってはかなり頻繁にオイル交換を
しなければいけないことになりますが、クリーンディーゼルカーを維持するためには必要なことです。

 

車種によって交換時期は異なる

 

上記では5,000キロ、もしくは3,000キロの走行がオイル交換の目安となると
紹介しましたが、実際には車種によって異なることも珍しくありません。
5,000キロや3,000キロというのはあくまでも目安ですので
車種ごとの違いや、車の利用状況などにも配慮したうえでオイル交換時期を決めることが大切です。

 

たとえば、車の取扱説明書には理想的な
オイル交換時期が記載されています。
記載されている通りにオイル交換をするというのも1つの方法です。

 

オイル交換にも費用がかかりますので費用を考えたうえで
交換時期を決めることも大切で、経済的に余裕がない場合などは
無理にオイル交換をしないという選択肢も出てきます。

 

現在ではディーゼルも進化しており、
昔ほど頻繁にオイル交換しなくても問題ないケースもあります。
人によっては1万キロ走るまで交換しないということもありますので、
自分自身で交換時期を判断することも求められます。

 

ただし、オイルは常に良い状態に保った方が車そのものの寿命が
長くなることは間違いありません。
必要以上に交換しても意味がありませんが、
適切なタイミングで交換できるように備えておくことがポイントになるでしょう。

車の売却をお考えの方

お知らせ

車の購入を検討されている方は、
副収入としてネットでお金稼ぎをされてみませんか??
今が旬の熱い情報を公開中!!!
↓ ↓ ↓
rakuzou