クリーンディーゼルの音は静かなの?うるさいの?

クリーンディーゼルの音は静かなの?うるさいの?

クリーンディーゼルについて考える時、
音が気になるという方は多いのではないでしょうか。
ディーゼルカーというと走行時の音が非常に大きい、
これは一般的なイメージだと思います。
では現在のクリーンディーゼルの音はどうなっているのでしょう。

 

クリーンディーゼルのデメリットは音

 

従来からディーゼルは走行音が1つのデメリットとして挙げられます。
一般的なガソリン車と比較してもその音は非常に大きく、
走行音が静かとされるハイブリッドカーとはかなりの差があると言えるでしょう。

 

特に過去のディーゼルの音はかなりのもので、
排気ガスの排出量や走行時の振動とともに
日本でディーゼルが普及しなかった理由の1つとされています。

 

これは現在でも大きな変化はなく、クリーンディーゼルを選ぶ時には
音の問題についてしっかり検討する必要があります。
自分自身が走行中にストレスを感じる場合もありますし、
周囲への配慮を考えてもやはり音の問題は重要です。
国内産のクリーンディーゼルは、音はたいして気にならなくなっていますが、
外国産車の中にはまだ音が気になるものがあります。

 

クリーンディーゼルの数は増えてきていますが購入する時は
どの車を買うにしても、まずは試乗をするなどしてどのくらいの音が出るのかを確認することが良いでしょう。

 

技術の進化によって音も静かに

 

現状でも音が出るのは変わりないのですが、
それでも過去のディーゼルに比べると音の大きさは改善されてきています。
それでもガソリン車より大きい音なのですが大きな違いは
感じられない程度にまで抑えられていると言えます。

 

そう考えればディーゼルの短所であった音はいまや
短所ではなくなったと考えることもできます。

 

もちろん感じ方は人それぞれで違いますので相変わらずうるさいと
感じる方もいれば、思ったよりもうるさくないと感じる方もいるでしょう。
やはり試乗して実際に確かめることが大切です。

 

音の面ではどうしても悪い部分が目立ってしまいますがクリーンディーゼルは燃費が良い、
走行性能が良い、エコカー減税の対象になるといった長所も数多くあります。

 

音という短所だけでクリーンディーゼルはダメだと判断するのではなく、
長所も含めて総合的な判断をする必要があります。
今後は音の問題もさらに改善されていくでしょうし、
環境にも優しくなったクリーンディーゼルは大きな魅力を持っています。

 

どんな車であれ短所はありますのでその短所を補うだけの長所があるかどうか、
この点が車選びの際のポイントになってくるはずで、車選びで失敗しないためのポイントでもあります。
自分がどのような部分を重視するのか、これをしっかり整理しておきましょう。

車の売却をお考えの方

お知らせ

車の購入を検討されている方は、
副収入としてネットでお金稼ぎをされてみませんか??
今が旬の熱い情報を公開中!!!
↓ ↓ ↓
rakuzou