クリーンディーゼル車って何年乗れるの?

クリーンディーゼル車って何年乗れるの?

日本国内でもクリーンディーゼルが人気を高めていますが、
気になることの1つに何年乗れるのかという部分があります。
燃費が良くても短い期間しか乗れないようでは
意味がありませんのでこれは大切なポイントです。

 

耐久性が非常に高い

 

ディーゼルエンジンの特徴として耐久性の高さが挙げられます。
これはガソリンエンジンと比較してディーゼルエンジンの構造が
よりシンプルなことが理由で、シンプルな分壊れにくくなっているわけです。

 

エンジンの寿命に限って見ればガソリンエンジンの2倍の寿命があるとも言われており、
単純に考えればガソリン車が10万キロ走れるとしたら
ディーゼルエンジンは20万キロ走れるということになります。

 

もちろん実際はそう単純ではありませんがエンジンそのものの耐久性が高い
というのはそれだけ長い期間乗れることに繋がります。

 

クリーンディーゼルは特にヨーロッパで広く普及しているのですが
この耐久性の高さも理由だと言われています。
燃費も良く、クリーンディーゼルになることで環境性能にも優れる
ディーゼルエンジンは非常に優れたエンジンだということです。

 

何年乗れるかは使い方次第

 

エンジンの耐久性が高いからといって必ずしも長期間乗れる
とは限りませんので注意が必要です。
たとえば、40万キロ走れるクリーンディーゼルカーがあったとして、
何年乗れるかは年間の走行距離によっても違ってきます。

 

もし1年間に5万キロ走るとすれば8年間乗れるという計算になりますし、
1年間に1万キロ走るなら計算上は40年乗れることになります。

 

このように車が何年乗れるかはエンジンの耐久性も大切ですが
年間走行距離も大きく関わってきます。
さらにメンテナンスをどれだけしっかりしているかも大切で、
オイル交換の頻度によっても耐久性が変わってきます。

 

クリーンディーゼルのオイル交換時期は5,000キロ走った時というのが一般的ですが、
もっと早く交換をすればより長持ちする可能性が高くなりますし、
逆に交換時期をもっと遅くすれば寿命は短くなってしまうと考えられます。

 

つまり何年乗れるかを具体的に計算するのは非常に難しいのです。
特にクリーンディーゼルは販売されてからまだそれほど経っていませんので
過去の例から何年乗れるのかを予測することもできません。

 

現状ではガソリン車と同じくらい乗れると考え、
後は自分の乗り方やメンテナンス次第といったところです。
もちろん現在の技術なら正しく利用していれば長期間乗ることは可能です。

車の売却をお考えの方

お知らせ

車の購入を検討されている方は、
副収入としてネットでお金稼ぎをされてみませんか??
今が旬の熱い情報を公開中!!!
↓ ↓ ↓
rakuzou