クリーンディーゼルとハイブリッドの環境比較!どちらがおすすめ?

クリーンディーゼルとハイブリッドの環境比較!どちらがおすすめ?

クリーンディーゼル車もハイブリッド車も環境に優しくエコである
という点が大きな特徴になっています。
その意味ではどちらも同じような車だと言えるのですが、
実際の環境性能にはどのくらいの違いがあるのでしょうか。
意外とわかりにくい両者の違いについて見ていきましょう。

 

クリーンディーゼル車とハイブリッド車の違い

 

どちらも環境への配慮がされているということで、
環境性能が一般的な車よりも優れていることは間違いありません。

 

そのためクリーンディーゼル車もハイブリッド車も
走行中の二酸化炭素排出量は非常に少なくなっています。

 

ではどちらも同じ排出量になるのかというとそうではなく、
現状ではクリーンディーゼル車の方がより少ない二酸化炭素排出量となっています。
単純に環境性能だけで見ればクリーンディーゼル車の方が優れていると言えるかもしれません。

 

もちろん、その他にも動力源が軽油かガソリンかといった違いや、
燃費、車両価格の違いなどもありますので
実際に購入する時には総合的に判断することが必要です。

 

とはいえ環境性能という観点からは大きな違いはないものの、
若干クリーンディーゼル車の方が勝っているという結論になるでしょう。
従来のクリーンディーゼル車はススなどが出てしまう問題があったのですが
技術の進歩によってこうした問題も解消され、より扱いやすい車となったと言えます。

 

海外ではクリーンディーゼル車が普及の傾向

 

日本ではどちらかというとハイブリッド車の方が人気が高く、
実際市場を見てみてもクリーンディーゼル車に該当する車種は決して多くありません。

 

ですが海外ではまったく逆で、圧倒的にクリーンディーゼル車が普及し始めています。
これは特にヨーロッパで見られる傾向なのですが、その理由としては
元々ディーゼルエンジン車が人気だったことが考えられます。

 

ヨーロッパでは2台に1台がディーゼルエンジン車と言われるほど需要が高く、
これは燃費の良さが原因となっているようです。
こうしたことからヨーロッパでは以前からディーゼルエンジン車に親しんでおり、
その結果としてハイブリッド車よりもクリーンディーゼル車が人気になっていると考えられます。

 

環境面での問題も解消され、燃費が良くさらに環境にも配慮されたクリーンディーゼル車が
人気を集めるのは当然のことだとも言えますが国によって人気に違いがあるわけです。
今後、日本国内でもクリーンディーゼル車はどんどん普及していくと予想されます。

 

現在は自由な車種選びがなかなか難しい状態ですが、
将来的には自分の好きな車種もクリーンディーゼル車として販売される可能性があります。

車の売却をお考えの方

お知らせ

車の購入を検討されている方は、
副収入としてネットでお金稼ぎをされてみませんか??
今が旬の熱い情報を公開中!!!
↓ ↓ ↓
rakuzou