クリーンディーゼルとハイブリッドの維持費は、どちらが安い?

クリーンディーゼルとハイブリッドの維持費は、どちらが安い?

クリーンディーゼルカーとハイブリッドカー、それぞれ環境に優しいという面では
共通していますがそれ以外の面では違いが見られます。
では維持費についてはどうなのでしょう。
車を購入するうえで維持費は重要な判断基準の1つに
なりますから是非とも知っておきたいところです。

 

クリーンディーゼルカーの維持費

まず最大の特徴としてクリーンディーゼルカーは軽油を燃料としています。
軽油はガソリンと比較して値段が安いため燃料費の面では
ハイブリッドカーよりも安く抑えることができると考えられるでしょう。

 

ガソリン代は維持費の中でも占める割合が高くなりがちですのでこの点は重要です。
特に交通量の少ない道を走ることが多い場合は燃費を向上させることが
可能ですのでハイブリッドカーとの差はさらに大きくなります。

 

逆に都心部など交通量の多い道を走ることが多いと燃費はハイブリッドカーの方が
良くなることがあり、そうなれば燃費の面での違いは少なくなっていきます。

 

どんな道を走るのか、これもポイントです。

 

また、クリーンディーゼルカーはハイブリッドカーよりも自動車税が高く、
オイル交換の頻度も多くなるためこれらの部分で費用はより発生することになります。
バッテリーも高価なため交換することなどがあれば大きな出費になりますし、
燃費以外の部分をどのように考えるかが大切です。

 

ハイブリッドカーの維持費

 

一方でハイブリッドカーはクリーンディーゼルカーよりも
ガソリン代がかかることになります。

 

燃費の差はそれほど大きくないのですがクリーンディーゼルカーは
軽油で走るということで走行距離が長くなるほど燃料代で差が付いていきます。

 

長距離を走る場合はハイブリッドカーの方が
維持費が高くなってしまうでしょう。

 

ただし、自動車税は安いですし、部品の値段も安くなっています。
このことからわかるのはそれぞれに一長一短があるということです。
一概にどちらの維持費が安いとは言えない部分があり、
ドライバー1人1人の運転状況によっても変わってきます。

 

基本的に燃料代が安くなるのがクリーンディーゼルカー、
それ以外の部分が安くなるのがハイブリッドカーと考えておけばよいでしょう。
※ただし、ハイブリッドカーは7年を目安にバッテリー交換があります。
この違いを踏まえたうえで自分にはどちらが合っているのかを判断することが大切です。

 

もちろん維持費以外の部分でも違いはあり、
たとえば走行音の大きさなども違ってきます。
こうした違いも含めて考えることもどちらを選ぶかという時には必要になるでしょう。

車の売却をお考えの方

お知らせ

車の購入を検討されている方は、
副収入としてネットでお金稼ぎをされてみませんか??
今が旬の熱い情報を公開中!!!
↓ ↓ ↓
rakuzou