クリーンディーゼルの国産車と外国産車の違いは?

クリーンディーゼルの国産車と外国産車の違いは?

日本国内でもクリーンディーゼルカーは増えてきていますが、
海外では以前からクリーンディーゼルカーが一般に広く普及していました。
国産のものも外国産のものも同じクリーンディーゼルカー
なわけですが何か違いはあるのでしょうか。

 

違いを比較することで自分に合った1台を見つけることができます。

 

日本の一歩先を行く外国産

 

上記で紹介した通り海外ではクリーンディーゼルカーが
当たり前のように作られ販売されてきました。

 

これはクリーンディーゼルカーは環境に良くエコな車だという
認識が海外にあったからなのですが、一方で日本ではディーゼルは排ガスの問題など、
あまり良い印象を持たれていませんでした。

 

これが普及率の差を生み出す大きな原因となっており、
現在では日本でもクリーンディーゼルカーが販売されるようになったとは
言えその数は決して多くありません。

 

このことは技術や性能の差に現れています。
車を比較するためのポイントはいくつ考えられますが、
総合的に見て外国産のクリーンディーゼルカーの方が
性能が良いというのが現状です。

 

もちろん国産のクリーンディーゼルカーも頑張っているのですが
長年培ってきたノウハウがある外国産の方が有利というわけです。
より性能にこだわるなら外国産となるでしょうか。

 

外国産に負けない国産クリーンディーゼルカーの登場

 

現在では日本のメーカーも外国産に
負けないクリーンディーゼルカーの開発に取り組んでいます。

 

外国産と互角の性能という点をウリにした車種も登場してきており、
外国産との差は確実に縮まってきています。
このことを考えると国産と外国産の違いはほとんどない状態に
なっていると考えられるでしょう。

 

それだけでなくマツダがクリーンディーゼルエンジンの特許を取得して
安く提供できるようになっていますし、外国産のものと比べて、
走行時の音も抑えることに成功しています。

 

しかし、車種によって燃費の差や走行性能などに違いは出ますが
これは国産と外国産というよりはあくまでも車種ごとの違いであり、
クリーンディーゼルカーを購入する時に
国産か外国産かで迷う必要はなくなってきています。
安さを見るなら特許を取得しているマツダが圧倒的に安いのですが。

 

 

ただ、日本では外国産のクリーンディーゼルカーの扱いが少なく、
入手しづらいという問題があるのも事実です。
国産のものを購入する予定ならまったく問題ないのですが、
外国産のものを購入したいという場合は思うような車選びができないかもしれません。
最近ではベンツがクリーンディーゼルカーの販売を日本で進めていますが。

 

特に国産のクリーンディーゼルカーはまだまだ種類が少ないので
選択肢の幅が狭くなってしまいがちです。
少ない選択肢の中でそれぞれの違いを把握しより良いものを
選ぶのはなかなか大変ですが自分に合った1台を
見つけるようしっかり検討することがポイントになります。

車の売却をお考えの方

お知らせ

車の購入を検討されている方は、
副収入としてネットでお金稼ぎをされてみませんか??
今が旬の熱い情報を公開中!!!
↓ ↓ ↓
rakuzou