クリーンディーゼルとハイブリッドの車検の違いは?どっちがお得?

クリーンディーゼル車とハイブリッド車の車検の違いは?どっちがお得?

クリーンディーゼルカーとハイブリッドカーにはさまざまな違いがありますが
車検時にもそれぞれで違いが出ます。

 

車検でチェックする項目などは同じですので
基本的な部分は同じになるのですが自動車重量税について
大きな差が出ることになります。

 

税金の金額に直結する違いになりますので
しっかり把握しておきましょう。

 

クリーンディーゼルカーの自動車重量税

 

クリーンディーゼルカーもハイブリッドカーもエコカー減税によって税金の額が減らされるのですが、
クリーンディーゼルカーの場合、自動車重量税は1回目の車検、
2回目の車検でそれぞれ免税となります。

 

つまり自動車重量税を支払う必要がないわけです。

 

クリーンディーゼルカーで自動車重量税を
支払うことになるのは3回目の車検からとなります。

 

これはハイブリッドカーとの大きな違いになり、
経済的な面でかなり有利になると言えるでしょうか。

 

自動車取得税に関しても非課税となっていますので
メンテナンスにかかる費用を大幅に下げることが可能になっています。
それだけ環境に優しい車だというわけです。

 

ハイブリッドカーの自動車重量税

 

一方ハイブリッドカーの場合、自動車重量税が免除されるかどうか、
減税されるかどうかは燃費基準によって変わってきます。

 

平成32年度燃費基準+20%達成車の場合、
クリーンディーゼルカーと同じように1回目、2回目の車検までは
自動車重量税が免除されることになりますが、
これが平成32年度燃費基準+10%達成車だと
1回目の車検のみ75%の軽減率となります。

 

平成32年度燃費基準達成車なら1回目の車検のみ50%の軽減率で、
平成27年度燃費基準+10%達成車、
平成27年度燃費基準+5%達成車なら
1回目の車検のみ25%の軽減率となっています。

 

つまりハイブリッドカーは基本的に1回目の車検の時しか減税が適用されず、
軽減率も免除となるクリーンディーゼルカーとは違い一定の割合に抑えられています。

 

燃費基準に優れているほど軽減率は高くなりますが
それでもクリーンディーゼルカーには劣ると言わざるを得ません。

 

だからといってクリーンディーゼルカーの方が優れていると一概には言えないのですが、
税金は車を所有するうえで必ずチェックしておきたい要素の1つですので
重要なポイントであることは間違いありません。

 

普段の燃費は走行性能だけでなく、
車検時の違いも意識したうえでどちらが
良いのかを考えることが求められるでしょう。

車の売却をお考えの方

お知らせ

車の購入を検討されている方は、
副収入としてネットでお金稼ぎをされてみませんか??
今が旬の熱い情報を公開中!!!
↓ ↓ ↓
rakuzou