クリーンディーゼルとハイブリッドはどちらが低燃費?

クリーンディーゼルとハイブリッドはどちらが低燃費?

車の性能を比較するうえで重要な要素になるのが燃費性能です。
クリーンディーゼルカーとハイブリッドカーは
どちらも近年需要を高めているのですが、
より低燃費なのはどちらなのでしょうか?

 

燃費の違いを比較してみると
クリーンディーゼルカーとハイブリッドカーの違いがよく見えてきます。

 

クリーンディーゼルカーの燃費

 

クリーンディーゼルカーはヨーロッパではすでに主流の車ですが、
日本国内ではまだまだ浸透しているとは言えません。
実際車種に関しても国産のクリーンディーゼルカーは少ないのが現状です。

 

ヨーロッパと大きな差があるわけですが
これも燃費が関係していると考えられています。

 

というのも燃費は走行環境によって大きく変わるからです。
日本国内は交通量の多い道路が多く、渋滞があったり、
低速で走行しなければならない場面が目立ちます。

 

クリーンディーゼルカーはこうした環境では燃費の良い走りをするのが難しく、
逆に高速道路など高速でスムーズに走ることができる環境では燃費もぐっと良くなります。
つまり日本の道路環境はクリーンディーゼルカーにとってあまり良いものではないのです。
高速道路ではリッター12キロほどの燃費になりますが、
一般道ではリッター10キロ未満になってしまいますからその差は歴然です。

 

ハイブリッドカーの燃費

 

ハイブリッドカーはクリーンディーゼルカーとは
まったく逆で一般道を走る方が燃費が良くなります。
逆に高速道路などでは燃費はあまり良くなりません。

 

これが日本国内でハイブリッドカーの方が
主流になっている主な原因だと言えます。

 

具体的な数字で見るとハイブリッドカーの場合、
高速道路ではリッター8キロほどですが、
一般道ではリッター15キロほどになります。

 

倍近い差があるのがわかります。
つまりクリーンディーゼルカーとハイブリッドカー、
どちらが低燃費なのかはどういう道を走るかで変わってくるわけです。

 

単純にどちらが優れていると判断できるものではありませんので、
クリーンディーゼルカーとハイブリッドカーの燃費を比較する時には
自分が走る道路の環境をまずは整理してみましょう。

 

そうすることでより燃費の良い車が見えてきます。
シンプルに考えるなら一般道を走るならハイブリッドカー
高速道路や直線の多い道路を走るならクリーンディーゼルカーといった感じでしょうか。

 

燃費性能そのものはそれほど大きな差はありませんので
より効率よく走れるのはどちらなのか、これを考えることがポイントです。

車の売却をお考えの方

お知らせ

車の購入を検討されている方は、
副収入としてネットでお金稼ぎをされてみませんか??
今が旬の熱い情報を公開中!!!
↓ ↓ ↓
rakuzou